北海道宝島旅行社のSDGsへの取り組み

北海道宝島旅行社のSDGsへの取り組み

 

 

私たち株式会社北海道宝島旅行社は、SDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」を世界の持続可能な社会実現のための共通課題、社会的責任として取り組むべきものと捉えています。顧客・政府・自治体・パートナー企業などの多様なステークホルダーとパートナーシップを推進し、圧倒的なオリジナリティとクリエィティブを武器に、地域の皆さんと「観光地域づくり」を丁寧に進め、これまでになかった旅行商品の整備とサービス提供を積極的に進めます。

 

コーポレートメッセージ:誰にとっても働きがいのある環境づくりを推進しています。

1. 誰でも柔軟に、枠にはまらない働き方を支援します。
株式会社北海道宝島旅行社では、誰もが働きやすい環境づくりをめざし、さまざまな取り組みを進めています。女性従業員が多い環境のため、女性ひとりひとりが働きやすい環境を整備し、自ら主体的に考え、実行することで健やかに働ける環境づくりを進めているのも特徴です。フレックススタイルの勤務体系を採用・推進し、年に1回長期リフレッシュ休暇の取得を進める等、より働きやすい職場づくりを実施し、サービス品質の向上にも繋げています。

北海道の観光地域づくり:地域の環境や歴史・自然・文化・産業等に配慮したサポートをしています。

2. 地域の持続発展を観光を通じて支援します。
北海道内の各地域と連携し、交流人口を増やし、環境負荷をおさえた「観光地域づくり」の支援を進めています。地域の中で地域住民が守ってきた歴史や自然・文化・基幹産業などを尊重し、新たな世代へと繋げていくために「観光」という分野で各地域の活性化に寄与します。

サスティナブルな旅行:これからの旅行業におけるパイオニアとなるべく、「持続可能な観光」を意識した経営を進めています。

3. 北海道と世界を繋ぎ、北海道の素晴らしさを伝えています。
株式会社北海道宝島旅行社は、国籍や人種、言語の壁や文化などを超えた相互理解を促進し、北海道における世界の交流人口を増やし、旅行市場を活性化させることが、当社に課せられた社会的役割であると考えています。全国各地の同志の旅行会社が連携したJARTA(Japan Alliance of Responsible Travel Agencies)の設立理事としても活動しています。

Sustainability Action Plan:English message

Menu Close

hokkaido takarajima
english