News

2018.06.29 お知らせ

(株)北海道宝島旅行社が、第2回日本サービス大賞・優秀賞を受賞

株式会社北海道宝島旅行社(本社:北海道札幌市中央区、代表取締役社長:鈴木宏一郎)は、サービス産業生産性協議会(所在地:東京都代表幹事茂木友三郎(公財)日本生産性本部会長、キッコーマン取締役名誉会長)が主催する「第2回日本サービス大賞」において、優秀賞を受賞しました。
北海道からは、第1回の旭山動物園(地域創生大臣賞)に続き2例目、旅行業界からは全国で初となります。

選考は、サービス企業の経営者、学識経験者等の有識者により、①受け手の期待に対する達成度、②経済的継続性を担保する事業モデルなどの構造、③変化に対応する持続性や自己革新性などのプロセス、④地域経済の活性化や雇用の創出などの波及効果、⑤サービス産業への寄与など、5つの審査基準によって行われました。今回、全国から391件の応募の中から、優秀賞を頂きました。

 

■第2回日本サービス大賞・優秀賞を受賞した、㈱北海道宝島旅行社のサービス内容

「地域の魅力を価値に変える訪日外国人向け体験型旅行サービス」

■選考理由
専門知識を有したスタッフが従来素通りされていた地域に入り込んで信頼関係を構築し、その地域ならではの魅力を掘り起こして旅行商品「体験交流プログラム」を開発。観光地を巡るだけでは飽き足らない海外富裕層の旅行者に提供している。多様なプログラムをもとにオーダーメイドツアーを仕立てることで、高付加価値化を実現。地域の魅力を地域と一体となって価値に変え、観光客と地域の双方に満足と感動を提供する、他地域でも参考になるモデルである。

■今回の受賞について、弊社代表取締役社長、鈴木 宏一郎のコメント
「北海道の価値をみんなでカタチに」というミッションを掲げ、「世界一の北海道で世界一の会社に」なることを目指して丸11年。『住んで良し、訪れて良し、間に立って良し』の実現のために、スタッフはもちろん、事業パートナーのみなさんとも力を合わせてますます頑張っていきたいと思います。

■「日本サービス大賞」とは
日本のGDPと雇用の7割超を占め、日本経済を支えているサービス産業において、サービス産業生産性協議会が、優れたサービスに対して表彰を行う2015年に始まった制度。業績が多岐にわたるサービス産業において、各サービスを共通の尺度で評価しようという画期的な試みです。
http://service-award.jp/index.html

■㈱北海道宝島旅行社について
2007年、体験ポータルサイト「北海道体験.com」をスタート。現在道内の300を超える体験交流事業者の1200件以上の体験プログラムの検索・予約ができる地域限定サイトに。2010年より、海外に直接アプローチしてインバウンド富裕層向けに、体験交流プログラムを含むオーダーメイドツアーサービスを提供。道内各地域ならではの魅力を活かした体験交流プログラムの造成や、DMO・DMCの組成支援にも取り組んでいます。

左から林代表取締役副社長、鈴木代表取締役社長、本間取締役 インバウンド事業部統括マネージャー、大和代表取締役副社長

ニューストップに戻る

Menu Close

hokkaido takarajima
english