アジアの富裕層向けファムトリップが終了


▲知床の洋上でヒグマウォッチングを楽しむ参加者

北海道運輸局国際観光課の事業「Luxury HOKKAIDO旅行会社招請」を受託して実施されたファムトリップ(招待視察旅行)が無事、終了いたしました。アジアの富裕層向けに企画され、タイ・インドネシア・シンガポールなど5カ国からその層を顧客に持つエージェント5社を招聘。オーナーやマネージング・ディレクターなどの役職・5人をお迎えし、9月15日〜19日の4泊5日で北海道をご案内いたしました。

一行は新千歳空港経由で女満別空港に降り立ち、豪華バスで移動。世界遺産の知床や、釧路湿原、十勝エリアを視察。秋の道東の魅力を体感していただきました。招待者が特に関心を示したのは、「野菜収穫体験と畑でピザランチ」、知床での「ヒグマウォッチングクルーズ」や、養老牛温泉での「シマフクロウ観察」「ヤマベの活き造り」など、北海道の自然と野生動物観察、そして食の体験でした。また、地元の観光関係者との交流の場を設け、観光地のPRや意見交換を行いました。

事業では今後、招待者のアンケート結果を集計し、彼らのニーズを検証します。これにより道東の魅力をアジアの富裕層へどう伝えるべきかを考え、旅行客増加へつなげていくことが期待されています。


▲農園でのスイートトマト収穫体験

▲阿寒湖ではアイヌ民族衣装を着て記念撮影

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone