「わが北海道のために、自分たちは何ができるのか?」かつてそう自問していた頃、
北海道の魅力について改めて考えました。
・豊かで安心安全な美味しい食
・雄大な大自然と都市と自然の距離の近さ
・気持ちの良い四季のメリハリと、さわやかな空気
などなど、豊かな自然と、そこから生み出される食材などに思い至ります。

しかし一方で、道外から移住してきた私たちにとっては、北海道に住んでいる「人」こそが何よりも素晴らしい魅力ではないかと思うのです。道内の人からはよくこういうフレーズを耳にします。

「いんでないかい」
「しゃあないね」
「なんもさ」

このおおらかさこそが、北の大地で生きている人々の魅力ではないか。
学生時代にオートバイで道内を巡っていた時にも、社会人になって北海道支社に在籍し、道内の各地でお世話になっていた時にもそのように感じていました。

北海道の地域活性化をテーマに活動してきた経験から、「観光地域づくりを通じて北海道の活性化に貢献したい」と決意。旅の合間に地元の人と一緒に過ごす、滞在・交流する時間こそが「北海道の旅」を一層思い出深いものにすると信じて事業を展開しています。

昨今、日本の旅行・観光市場では大きな変化が進行しています。
「団体パッケージ・物見遊山」型から「個人、小グループ・体験交流」型へ。
この動きに呼応するかたちで、道内各地には地域の魅力を伝える「ガイド」の方々が増えてきました。ガイドさんたちはいわば、地元の宝物を「通訳」して伝える翻訳者。彼らの活動と北海道を旅したい人とをつなぐ場を整備せねば。そんな想いから「北海道体験.com」サイトを開設したところから弊社はスタートしています。

我々のやるべきことは、
この「北海道体験.com」というポータルサイトをベースとして道内各地域で滞在・交流を楽しむお客様を増やし、全道各地に「観光まちづくり」という切り口をもって、交流人口を拡大、最終的にはリピーター、季節移住・定住という「北海道ファン人口」そのものを増やすことです。

その実現のために、
道内各地域のみなさんと一緒に「観光地域づくり」を丁寧に進めていくことで地域の良さを再発見。これまでになかった旅行商品(=時間・空間の過ごし方の提案)の整備を積極的に進めていきます。


さらに今後増加する海外からのFIT(個人自由旅行者)層への対応を講じ、北海道への、そして道内各地域への「外貨」の獲得に全力で取り組んでいきます。

創業して10年目のまだまだ未熟な企業ですが、北海道を愛して発展させたいという気持ちでは誰にも負けないつもりで事業に取り組んでいます。
ご指導、応援をなにとぞよろしくお願いいたします。

株式会社 北海道宝島旅行社
代表取締役社長
鈴木宏一郎

宝島グループでは、一緒に仕事に取り組んでくれる仲間を求めています。
特に観光等の分野での地域活性化コンサルティングや英語を使ったビジネスの経験のある方。
個人旅行手配を中心とした旅行業経験者の方等のお問合せをおまちしています!